[PR]

 車いすの夫の両脇に腕を入れ、ズボンをつかむ。

 「がんばって、いちにの、よいしょ」

 体の向きを180度変え、洋式トイレに座らせる。ひざに痛みが走る。2人して崩れ落ちそうになる。

 兵庫県西宮市の西村早苗さん(72)が夫の信一さん(74)を介護するようになって22年になる。半年前、介護仲間への電話でつぶやいた。

 「わたし、死んでもええかな」

 その日、夫が通うデイサービスの職員に苦情を言われた。気に入らないことがあると、大声を出されて困ると。これまで、いくつもの施設に受け入れを断られてきた。またか……。

 電話を切った後、涙が止まらなくなった。声を上げて、泣いた。

 ■慣れてもつらい

 旅行会社を営んでいた信一さんが脳出血で倒れたのは1992年。右半身にマヒが残った。信一さん51歳、早苗さん49歳の時だった。

 95年の阪神大震災が追い打ち…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも