天皇が退位する可能性は、敗戦直後や、1946(昭和21)年5月に開廷した極東国際軍事裁判が、48(昭和23)年11月に判決を下すまでの間などにあった。だが、サンフランシスコ講和条約が発効した後の52(昭和27)年5月、自ら留位を宣言、退位論に終止符が打たれた。

 【昭和天皇実録の記述】

 ■一九…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも