1945(昭和20)年7月、米・英・中の3国は、日本に無条件降伏を勧告するポツダム宣言を提示した。8月に入ると、米軍は広島、長崎に原爆を投下し、ソ連が宣戦布告。日本政府内には降伏やむなしの機運が高まるが、受け入れ条件を巡って意見対立も浮上。最終的には14日の御前会議で昭和天皇が「聖断」を下すことで…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも