[PR]

 短編小説の名手として知られる片岡義男(74)の連載小説「豆大福と珈琲(コーヒー)」が、10月1日から始まる。30代の独身男性がつくる新しい「家族」を描いた短編だ。「登場するのは結婚が眼中にない男女、そして子ども。はたして新聞小説に向くだろうか」と笑みをこぼす。

 舞台は東京。翻訳家の主人公・森野真…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも