[PR]

 患者の数だけ病状があるという膠原(こうげん)病と認定された作家の笙野(しょうの)頼子(58)が『未闘病記』(講談社)を刊行した。長年苦しんできた持病は判明したが、わからないことだらけ。笙野は「治療すれば普通は生きられる病。でもやはり難病です。数々の困難を、逃げずにきちんと書きたかった。初のリアルな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも