■満州事変と5・15事件

 1931(昭和6)年9月18日の満州事変後、協調外交をめざす天皇は、陸軍の政治的台頭に苦慮する。

 事変勃発後の22日、若槻礼次郎首相に対し、「事態の不拡大という閣議の方針を貫徹するよう努力すべき」とした。だが独断で越境した朝鮮軍司令官の行動を政府が追認すると、「この度…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも