[PR]

 国際化が進むのは、法廷も例外ではない。日本語が分からない被告の刑事裁判で活躍するのが、法廷通訳人だ。

 4月現在、61言語で4千人近くが裁判所に登録している。言語によっては裁判所が確保に苦労することが珍しくない。

 全被告のうち通訳が必要になるのは26人に1人の割合(昨年の第一審段階)で、裁判員裁…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも