[PR]

 日本銀行は7日の金融政策決定会合で、景気は「緩やかな回復を続けている」と基調判断の据え置きを決めた。消費増税後の景気悪化にも日銀は強気の見立てを崩さず、金融政策は「現状維持」とした。ただ、金融緩和が招く円安には弊害も出始めており、追加策も当面、取りにくそうだ。

 ■株高・失業率改善で自信

 日銀…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも