[PR]

 仁川アジア大会の水泳会場で韓国メディアのカメラを盗み、略式起訴処分を受けた競泳日本代表の冨田尚弥選手(25)について日本水泳連盟は7日、2016年3月31日までの選手登録停止処分とする方針を決めた。所属先のデサントは同日、冨田選手を解雇した。日本水連によると永久停止も検討されたが、被害者の意向も確…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも