[PR]

 国内で初めてエボラ出血熱の患者が確認された米国で、感染が急拡大する西アフリカ諸国からの渡航禁止を求める声が野党などから出ている。オバマ政権は、出入国時の簡易検査の強化や、患者が出た際の医療措置の徹底などで国内の感染拡大は防げるとして渡航禁止の導入に否定的だが、今後も感染者の入国が続けば圧力が強まり…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも