[PR]

 ◇1965年・決勝

 7回2死一、二塁。狙い球をカーブに絞るように吹き込まれた三池工の穴見は、そのカーブをたたいた。初球ファウルのあとの2球目。「芯に近いところ。少し緩い打球だった」。穴見の述懐だ。

 左前への当たりだった。打球は2回、3回とバウンド。銚子商の土屋が押さえた。返球。三塁手の伊豆がカ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも