[PR]

 早稲田大は7日、理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダー(31)に2011年に授与した博士号について、約1年間の猶予期間を設けたうえで取り消すことを決めた、と発表した。猶予期間中に小保方氏が論文指導や研究倫理教育を受け、論文を訂正し、博士論文にふさわしい内容になれば博士号は取り消さずに維持するとい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも