[PR]

 噴火した御嶽山(おんたけさん)(長野・岐阜県境、3067メートル)で7日、安否不明者の捜索が3日ぶりに再開され、心肺停止状態の3人が見つかった。長野県警は全員の死亡を確認し、うち2人の身元を発表。噴火による死者は計54人になった。県は8日も捜索を行う方針だ。

 県警によると、身元が確認された2人は、安否がわかっていなかった12人に含まれ、安否不明者は10人になった。

 県警などによると、3人は山頂南側の登山道「八丁ダルミ」付近の斜面で見つかった。うち1人は登山道から20~30メートル東の斜面で、体の大部分が火山灰に埋もれていたという。

 7日はこれまでで最多の約440人を山頂付近に派遣し、捜索範囲を登山道から離れた斜面に広げた。自衛隊や警察、消防の捜索隊が横一列に並び、火山灰に棒を刺したり地雷探知機で灰の中を探ったりした。台風18号による雨で火山灰がぬかるみ、一歩進むと腰まで沈む隊員もいたという。

 

 ■死亡が確認された方(7日の判明分)

 【愛知県】小牧市、会社員大脇信治さん(40)▽豊田市、会社員三宅真一郎さん(50)=長野県警発表

こんなニュースも