■晩年の病状

 「実録」には、昭和天皇が晩年、体調を悪化させていく様子が詳細に記されている。最初の兆候は、86歳の誕生日を迎えた1987(昭和62)年4月29日。宮殿で開かれた宴会の儀の終盤、「御気分がすぐれなくなり、嘔吐(おうと)される」。宮内庁は「特別のご異常は認められない」と発表したが、体調…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも