[PR]

 大気中の微小粒子状物質「PM2・5」の濃度の観測に力を入れる自治体は増えているが、対策を考えるのに必要な成分分析に時間がかかるのが悩みの種だった。そこで堀場製作所(京都市)は、濃度と成分を1台で測れる分析装置を開発した。

 同社科学・半導体開発部の青山朋樹さん(32)は2007~09年、第49次南…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも