[PR]

 政府の途上国援助(ODA)のうち、人材育成などを進める技術協力事業について会計検査院が調べると、九つの省で国際機関に援助実績として報告すべき金額に計上漏れが見つかり、総額は2年間で約391億円に上った。9省の担当者は、報告の対象外と思い込んでいたという。検査院は16日、「援助に対し、適切な評価が得…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも