[PR]

 ◇けいざいSHINWA

 7月末、千葉大学の大教室には、倉阪秀史(50)の「環境経済論」の講義をきこうと、約180人の学生がつめかけた。

 倉阪は、太陽光や風力、地熱など、日本でも様々な再生可能エネルギーの開発が進んでいることを説明したうえで続けた。

 「再生エネを基幹エネルギーにしていきたい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも