[PR]

 宮崎市で2010年、同居する家族3人を殺害したとして、殺人と死体遺棄の罪に問われた無職奥本章寛被告(26)について、最高裁第一小法廷(山浦善樹裁判長)は16日の判決で、一、二審の死刑判決を不服とする被告の上告を棄却した。被告の死刑が確定する。

 判決によると、奥本被告は10年3月、自宅で寝ていた長…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも