[PR]

 宮沢賢治(1896~1933)が生前に唯一出版した詩集『春と修羅』の背表紙をブロンズ粉で塗りつぶした珍しい本が、このほど東京都内の古書店で見つかった。作品を「心象スケッチ」と捉えていた賢治本人が、「詩集」の文字を嫌ってつぶしたものと見られる。新たに見つかった自筆はがきなどとともに、11月8、9日に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも