[PR]

 安倍晋三首相が年内にも衆院の解散・総選挙に踏み切るとの観測が政権内に広がり始めた。経済指標の悪化が懸念される中、消費税率引き上げをめぐる判断を先送りし、内閣支持率が安定している間に解散に打って出た方が得策との考えからだ。首相は現時点で否定しており、国会運営をにらんだ野党への牽制(けんせい)との見方…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも