[PR]

 ◇2010年・準決勝

 左打席の一番ホームベース寄りに足場を固めた。報徳学園の3番中島だ。一回。中前安打を放った八代が犠打で二塁へ進んでいた。「島袋をどう打つか」。考えた末の立ち位置だった。

 報徳は先発のうち6人が左打者だ。中島もその一人。左腕島袋の球は、左打者には背中側から外角へクロスするよう…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも