[PR]

 2018年W杯ロシア大会と22年カタール大会招致を巡る不正疑惑で、国際サッカー連盟(FIFA)の倫理委員会審査部門トップのハンスヨアヒム・エカート氏は13日、「ルールに従った招致活動だった」と結論づけた。調査部門がまとめた報告書を検証した結果だが、調査部門トップの米国の弁護士マイケル・ガルシア氏は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも