[PR]

 富士重工業は、中国で計画している生産の規模について、年間15万台程度から引き下げる方針だ。中国市場での価格競争が予想以上に厳しくなっており、販売が好調な米国での能力増強を優先する考えだ。吉永泰之社長が、朝日新聞のインタビューで明らかにした。

こんなニュースも