[PR]

 「ゴー」という音とともに、5秒ほどの間隔で火口から白い噴煙が上がる。東京から約1千キロ離れた小笠原諸島の西之島。付近の海底で起きた噴火から約1年たったいまも、活発な活動が続く様子が13日、本社機から見えた。▼1面参照

 火口は、溶岩でできた高さ100メートルほどの丘の頂上部にある。噴き出した噴煙は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも