[PR]

 エボラ出血熱の感染者が国内で出た場合に備え、厚生労働省は13日、保健所がある都道府県や指定市など全国141自治体の担当者を集めた会議を東京・霞が関で開き、患者搬送や血液などの検体を運ぶための訓練を年内に実施するよう求めた。塩崎恭久厚労相は、患者を治療する指定医療機関がない青森、秋田、宮城、石川、香…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも