[PR]

 47都道府県でつくる「全国地すべりがけ崩れ対策協議会」は13日、土砂災害の恐れがある警戒区域の指定前に行う「基礎調査」の金銭負担を軽くするよう、国土交通省に要望した。「円滑かつ着実な実施」のために国費負担率(現行3分の1)を引き上げ、都道府県が起債(借金)でまかなえる仕組みづくりも求めた。

こんなニュースも