[PR]

 東日本から九州まで被害が想定される南海トラフ地震で大きな津波が予想される沿岸部で、11都県の55市町村が計約24万戸の仮設住宅が必要と想定しながら、供給できるのは約10万戸と4割にとどまることが分かった。用地不足のためで、計画を見直す自治体もある。▼2面=用地探しに苦心、32面=少しでも暮らしやす…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも