[PR]

 囲碁の元名人、張栩九段(34)がいま、常識を度外視した「新布石」を編み出し、盤上に新たな可能性を見いだそうとしている。一流棋士によるこの挑戦は、序盤戦そのものがパターン化されつつある現代碁への提言でもある。

 張が試みているのは図の黒1。陣取りゲームである囲碁は、陣地を囲いやすい隅のaやbから打…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも