[PR]

 国家の安全保障に関する情報の漏洩(ろうえい)に厳罰を科す特定秘密保護法が施行された。国民の知る権利や取材・報道の自由が脅かされることはないのか。秘密漏洩が現実のものとなった時、起訴するか否かの判断を担うことになる検察庁の元トップ、松尾邦弘さんが、沖縄返還を巡る日米政府の密約事件の教訓を中心に課題を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも