[PR]

 刑事規制の対象外だった「脱法ドラッグ」や「合法ハーブ」などの薬物は、その危険性を訴えるため、2014年7月から「危険ドラッグ」という名称に変わった。

 厚生労働省は影響を与えるおそれのある薬物を「指定薬物」にして販売や所持を禁じていたが、化学構造を変えて規制を逃れるイタチごっこが続いたため、13年…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも