[PR]

 経済産業省は、電力自由化後も原発の廃炉費用を電気料金から回収できるようにする。自由化により競争が激しくなれば、電力会社が廃炉費用を電気料金に転嫁できず、廃炉に二の足を踏むことが考えられるためだ。廃炉を滞りなく進めるための対策だが、「原発優遇策」との批判も出そうだ。

 いまの仕組みは、コストをもとに…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも