[PR]

 遺伝子を導入する技術を使って植物の中で薬をつくる研究が進んでいる。化学合成したり微生物につくらせたりする方法と比べ、より速く、安く、安全につくれる可能性を秘める。新手法が相次いで登場し、普及への期待が高まってきた。

 エボラ出血熱の治療に効果が期待される米国の未承認治療薬「ZMapp(ジーマップ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも