[PR]

 トヨタ自動車が、世界で初めて市販を始めた燃料電池車(FCV)にかかわる特許を、無償で開放する。巨額の費用がかかることからFCVの開発に二の足を踏むライバル社などに、参入を促す狙いだ。「独り占め」するより、市場を広げることを優先する。

 「水素社会は、いろいろな会社が参加してくれないとできない」…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも