[PR]

 (29歳)

 若手俳人の代表格、佐藤文香(あやか)さんが第2句集『君に目があり見開かれ』(港の人)を出版した。2002年の俳句甲子園最優秀句「夕立の一粒源氏物語」、第1句集での「少女みな紺の水着を絞りけり」という代表作を経て、20代最後の今、「俳句で何が出来るか」に挑戦する。

 手紙即愛の時代…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも