直木賞作家の赤瀬川隼(あかせがわ・しゅん、本名隼彦〈はやひこ〉)さんが26日、肺炎で死去した。83歳だった。葬儀は近親者で行う。喪主は妻ちえ子さん。昨年10月に死去した芥川賞作家で画家の赤瀬川原平さんは実弟。

 銀行員などを経て、83年にデビュー作「球は転々宇宙間」で吉川英治文学新人賞を受賞。直木…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも