[PR]

 ◇No.1170

 2014年9月、福島県広野町の災害公営住宅は完成した。

 鍵の引き渡し式に代表として出席した鈴木(すずき)すみ(49)は被災後、5回も住居を移した。

 鍵のレプリカを受け取り、ほほえんだ。「これでやっと落ち着ける」

 同じころ、町は初めて学芸員の資格をもつ職員を正規採用した…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも