[PR]

 ミャンマー西部のベンガル湾から中国に通じる石油パイプラインが30日、開通する。需要が急速に高まる中国は輸入ルートを増やし、供給の安定化を図る考えだ。一方でパイプラインの起点の島には中国が深海港を整備、インド洋進出の足がかりになるのではとインドなどが警戒する。

 ■紛争ある海域、回避

 ミャンマー…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも