[PR]

 過激派組織「イスラム国」による邦人人質事件が、イスラム圏と関わりを深める中国に課題を突きつけている。イスラム教徒が多い新疆ウイグル自治区での民族対立を背景に、イスラム過激派が中国に敵意を見せるなか、中東などに進出する企業や国民のリスクも増している。

 ■イラクで昨年襲撃、1300人避難

 「中国…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも