[PR]

 樹脂の板に、凹凸で描き出された道路。目の不自由な人が使う「触地図(しょくちず)」だ。国土地理院が20年かけた末に断念したこの地図の開発計画を昨秋、復活させて実用化への道を開いた。

 決め手になったのが、安く作る技術。従来は、特殊な機械が必要だった。「3Dプリンターを使えばどうか」。高校時代、パソコ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも