[PR]

 中国明・清代を代表する三つの長編小説には冒頭の記述に不思議な共通点がある。『水滸伝』では石板の下に閉じこめられていた悪霊が解き放たれる。『西遊記』では石の卵が孫悟空になる。『紅楼夢』でも天界で捨てられた石が人間界に下る。すべては石から始まる。『紅楼夢』には石頭記、つまり石の物語という別名さえある…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも