[PR]

 『21世紀の資本』が話題の仏経済学者ピケティの来日に合わせて、経済格差について考える論考が目立った。

 同書を巡っては、資本主義経済でなぜ格差が拡大するのか、理論的説明が不十分との指摘がある。山形浩生は、2世紀分以上の税務記録を元にした研究を評価して「本書の力は何より実証の力だ。理論がどうあれ、デ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも