[PR]

 ◇No.864

 学校に行く。ごはんを食べる。そして、生きる。小学1年生で東日本大震災にあった2人にとって、それは「当たり前のことじゃない」。

 福島市立福島第三小学校に通う鹿野菜那子さん(5年)。震災直前まで、福島県相馬市に住んでいた。母親と震災1カ月後に訪れると、自宅そばの海岸線は津波で形が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも