[PR]

 昨年末の衆院選について、民主党がまとめた総括案が25日、明らかになった。「実質的な敗北」と結論づけ、敗因を「年内解散を想定せず、候補者擁立や選挙政策などの準備が立ち遅れた」と分析した。

 民主党は衆院選で73議席(公示前62議席)を獲得。小選挙区では38議席、比例区では35議席だった。

 総括案は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも