[PR]

 国立天文台などの研究チームは、2013年に見つかった新星爆発で大量のリチウムが作られていることがわかったと発表した。リチウムは宇宙の初期のビッグバンで作られ、その後は新星爆発などで増えたと考えられているが、観測例はなかったという。英科学誌ネイチャーに掲載された。

 新星爆発は、普通の恒星と年老いた…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも