[PR]

 日中戦争中、旧日本軍が中国・重慶で繰り返した爆撃で死亡した中国人の遺族ら198人が、日本政府に計18億8千万円の損害賠償と謝罪を求めた訴訟の判決が25日、東京地裁であった。村田斉志裁判長は「賠償を請求できる理由がない」として請求を退けた。

 訴訟では、戦時中の国の行為について、被害者が賠償を請求す…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも