[PR]

 風力発電の電力で水素をつくって貯蔵する――。そんな取り組みが長崎県の五島列島で動き出す。大規模にためられない電気の代わりに水素として貯蔵し、必要なときにこの水素を使って燃料電池で発電する。電力の「地産地消」につながる試みだ。環境省が3月から、五島市の椛島(かばしま)沖1キロで運転中の洋上風力発電で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも