[PR]

 東京電力福島第一原発事故で出た汚染土などを保管する中間貯蔵施設の建設地、福島県大熊町と双葉町。「施設が必要なのはわかる。でも、家を失うのは割り切れない」。住民が避難したふるさとをいつか再生させようと、大熊町で巡回を続ける元町総務課長、鈴木久友さん(62)はつぶやいた。施設の建設地に自宅がある一人だ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも