[PR]

 世界的ベストセラーとなった『21世紀の資本』。著者のトマ・ピケティ氏が格差論に関心を持つきっかけとなったと語り、同書でも引用しているのがフランスの文豪バルザックだ。「資本主義のリスクを見通し、文学に落とし込んだ最初の作家」と評価する慶応大文学部の小倉孝誠教授(フランス文学)に聞いた。

 労働所得…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも