[PR]

 舟の上から流れに剣を落とした者が、船縁(ふなべり)に目印を刻みつけた。あとで目印を頼りに捜したが、舟はもう流されていて見つかるはずがない。「舟に刻みて剣を求む」の故事は、時流の変化を受け入れず、古いやり方にこだわる例えに使われる▼そうしたニュアンスをまとう言葉の一つに「大艦巨砲主義」がある。先の戦…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも