[PR]

 〈5〉調書

 東京電力福島第一原発事故から間もなく4年が経過する。原発事故による避難者は、今なお12万人余りに上る。あの時、政府や東電はなぜ事故の拡大を防ぐことができず、混乱が広がったのか。政府の事故調査・検証委員会(政府事故調)による「調書」に記された関係者の証言を手がかりに、当時の経緯を振り返った。

 

 【1号機圧力上昇】 官邸、遅れるベントに不信感

 2011年3月11日、東京電力福島第一原発は震災発生から50分余りたつと、運転中の1~3号機のすべてが電源を失った。原発は冷却機能の低下で内部の温度と圧力が高まり、同日夜には炉心溶融が起きた。午後10時ごろ、建屋で毎時300ミリシーベルトもの放射線が観測された。

 所長だった吉田昌郎氏(故人)は12日午前0時すぎ、1号機の圧力を下げるため、放射性物質を含んだ蒸気を放出する「ベント」の準備を現場に指示した。

 だが、電源がなく、弁を開ける作業は困難を極めた。現場の社員らは被曝(ひばく)の危険にもさらされた。難航する作業は「東電がベントをためらっているのではないか」との疑いを首相官邸に持たせてしまった。東電の本店や官邸が現場の状況を把握しきれないなか、1号機は午後3時36分、水素爆発を起こした。

     *

 作業が困難を極めていた第一原発の現場に「ベントの実施命令」が届いた。午前6時50分、経済産業相をしていた海江田万里氏からだった。吉田氏は、感情をあらわにした。

 「命令が出ればすぐに開くと思…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも